【Vol.4】新たな挑戦 0から始めるプログラミング シェルコマンド④

こんにちは。i Smart Technologiesの松井です。
最近、涼しくて過ごしやすい季節になってきましたね。
季節の変わり目は風邪をひきやすいので気をつけましょう。

f:id:istc-blog:20180920104116p:plain

今回の記事は「ディレクトリ操作とファイルの作成と実行について」です。

1.カレントディレクトリを移動する

前回の記事で紹介しましたlsコマンドを実行すると
ディレクトリの一覧を表示させることができます。
下図ではUsersのディレクトリの中にistc034とPublicのディレクトリがあります。
表示したディレクトリへ移動するためには'cd'を使います。

cd istc034

f:id:istc-blog:20180920110838p:plain

これでistc034のディレクトリへ移動できました。
簡単ですね。

上位ディレクトリ(Users)へ移動する方法は

cd ..

cd + ドット2つになります。  

2.ファイルパスについて

1つのディレクトリに複数のディレクトリを持つことができ、
そのディレクトリの中にディレクトリを持つことができます。
その構造は木のようなのでファイルツリーといいます。
ツリーの最上位をルートディレクトリと呼びます。
下図はwindowsGUIですが、イメージは同じです。

f:id:istc-blog:20180920114959p:plain

本題のファイルパスとは、ファイルツリーにおいて、
ディレクトリやファイルの位置をテキストで記述したもの。
表示は下記の通りです。
ディレクトリ /Users/istc034
ファイル /Users/istc034/istc.txt

2-1.絶対パス相対パスについて

ファイルパスには絶対パス相対パスの2種類の表示があります。
ルートディレクトリの一覧を表示するコマンドは下記の通りで、
それぞれのパターンで実行すると

ls -al /

絶対パス表示の場合ルートディレクトを起点に記述
/Users/istc034
先頭にルートを表す「/」、(ディレクトリ名)、「/」(ディレクトリ名)

ファイルを指定する場合は
/Users/istc034/istc.txt
先頭にルートを表す「/」、(ディレクトリ名)、「/」(ディレクトリ名)「/」(ファイル名)

相対パス表示の場合カレントディレクトを起点に記述
ディレクトリを指定します
istc034
(ディレクトリ名)「/」(ディレクトリ名)

ファイルを指定する場合は istc034/istc.txt
(ディレクトリ名)「/」(ディレクトリ名)「/」(ファイル名)
上位ディレクトリは「..」で表す。カレントディレクトリは「.」で表します。

3.ファイルの作成と実行

簡単なプログラムファイルを用意して、
シェルコマンドとして実行する方法を紹介します。

まずはRuby*1のプログラムファイルを作成します

echo "puts 'Hello istc'" > code/istc.rb

先程作成したプログラムファイルを実行する方法は下記の通りです。

ruby code/istc.rb
Hello istc

練習でPython*2PHP*3のプログラムファイルを実行してみましょう。

Python

echo "puts 'Hello istc'" > code/istc.py
python istc.py
Hello istc

PHP

echo "puts 'Hello istc'" > code/istc.php
php hello.php
Hello istc

今回でシェルコマンドの紹介は終了です。
シェルコマンドもまだまだ奥が深いので気になる人は調べてみて下さいね!
f:id:istc-blog:20180920161047p:plain

次回からGITについて紹介します。
f:id:istc-blog:20180920161133p:plain

【Vol.3】Linのラズパイ女子への道☆ ~RGBフルカラーLED点滅させてみた~

 お久しぶりです!Linです。

 

 

 

今回は赤、緑、青の3色に光るLEDを点滅させてみました。

 

利用したLEDです↓↓

RGBフルカラーLED  

3色同時に点滅

まずは3色同時に点滅させてみました!

 f:id:istc-blog:20180829180930p:plain

 

プログラムの書き込み

# -*- coding: utf-8 -*-

import wiringpi as pi   # GPIOを制御するライブラリの読み込み
import time       # 待機に使うライブラリの読み込み
 
led_pin = 22      #LEDを繋いだGPIOの端子番号
led_pin2 = 27
led_pin3 = 17

pi.wiringPiSetupGpio()  #GPIOの初期化
pi.pinMode( led_pin, 1 )  # GPIOの出力モード「1」
pi.pinMode( led_pin2, 1 )
pi.pinMode( led_pin3, 1 )
interval = 0.5      # LEDを点滅させる秒間隔

while True:       # whileで以下の処理を繰り返す
 pi.digitalwrite(led_pin,0)  # GPIOを3.3VにしてLEDを点灯
 pi.digitalwrite(led_pin2,0)
 pi.digitalwrite(led_pin3,0)
 time.sleep(interval)
 pi.digitalwrite(led_pin,1) # GPIOを0VにしてLEDを消灯
 pi.digitalwrite(led_pin2,1)
 pi.digitalwrite(led_pin3,1)
 time.sleep(interval)

led.pyで上記を保存します。

 

python led.py

上記コマンドで実行すると、、

 

R+G+Bで白になりました✨

 

7色に点滅

次は、光の三原色を使って7色を点滅させてみます!

例)赤+緑=黄色

  緑+青=シアン

これらを順番に光らせて、合計7色にします!

 

プログラムの書き込み

# -*- coding: utf-8 -*-

import wiringpi as pi   # GPIOを制御するライブラリの読み込み
import time       # 待機に使うライブラリの読み込み

led_pin = 22      #LEDを繋いだGPIOの端子番号
led_pin2 = 27
led_pin3 = 17

pi.wiringPiSetupGpio()  #GPIOの初期化
pi.pinMode( led_pin, 1 )  # GPIOの出力モード「1」
pi.pinMode( led_pin2, 1 )
pi.pinMode( led_pin3, 1 )
interval = 0.5      # LEDを点滅させる秒間隔
 
#kansuu
def light (R,G,B) :
 pi.digitalwrite(led_pin,G) 
 pi.digitalwrite(led_pin2,B)
 pi.digitalwrite(led_pin3,R)

while True:       # whileで以下の処理を繰り返す
 light(0,0,0)   #白に点灯
 time.sleep(interval)
 light(1,0,0)   #シアンに点灯
 time.sleep(interval)
 light(1,1,0)   #青に点灯
 time.sleep(interval)
 light(0,1,1)   #赤に点灯
 time.sleep(interval)
 light(0,0,1)   #黄色に点灯
 time.sleep(interval)
 light(0,1,0)   #マゼンタに点灯
 time.sleep(interval)
 light(1,0,1)   #緑に点灯
 time.sleep(interval)
 

上記プログラムを「led2.py」で保存します。

 

python led2.py

上記コマンドで実行します!

 

 

順番に光りました!パリピですね!!

私的にはG+Bのシアンがすごく綺麗で好きです💖

8月31日女性社員マナー研修第1回目

皆様、初めまして☺iSTCの森と申します。

初めてのブログ更新なので緊張しております。

 

8月31日㈮に女性社員マナー研修第1回目が行われました😉

指導をして頂いたのは、「EXSIA 代表 松原奈緒美 先生」です。

EXSIAホームページ&ブログ:http://exsia.net

 

まずは、松原先生と自己紹介をしました。

f:id:istc-blog:20180905100036j:plain

宮田も神谷も緊張しております。

 

自己紹介の後、「スマイルトレーニング」「基本姿勢、歩き方」「挨拶・お辞儀」

「指し示し、受け渡しのポイント」の4つのご指導をして頂きました。

 

松原先生にご指導頂いている様子です。

f:id:istc-blog:20180905100855j:plain

 

4つのご指導の中でも私が1番印象に残ったのが「スマイルトレーニング」です。

同じ言葉(挨拶)でも表情で全然印象が違うことが分かりました。

また、作り笑顔であっても、フェイシャルフィードバック効果で元気になれるのです。

 

スマイルトレーニング後の笑顔です🎶

f:id:istc-blog:20180905101712j:plain

癒されますね(^^)

 

指導頂いたことを忘れずに意識していきます。

この度は、ご指導頂き、有難う御座いました。

 

では、この辺で☺   iSTC 森

 

【お知らせ】旭鉄工本社工場見学空き状況について

i Smart Technologies 岡田です。

工場見学開始の案内をさせていただいたところ、おかげさまで多くのお客様から見学希望のお問い合わせをいただいております。
9月、10月の空き状況をご連絡致します。工場見学をご検討の方は是非、お早めにお問い合わせください!!

 

【旭鉄工本社工場見学空き状況について】
先進的かつ低コストなシステムやAIスピーカー等の世界最先端の取り組みが評価され、おかげさまで有料での工場見学のお申し込みを多数いただいております。
9月及び10月の工場見学可能の日程についてご案内します。
〇:空きあります △:残り少ないです ×:定員いっぱいです

 

【9月空き状況】       

9月7日(金)  ×
9月11日(火)   ×
9月20日(木)  〇
9月27日(木)   ×

【10月空き状況】
10月2日(火) △
10月11日(木)  〇
10月17日(水)   ×
10月26日(金)   ×

 

場所:旭鉄工本社工場 およびi Smart Technologiesオフィス
内容:工場内での改善活動事例
工場内でのタブレット、あんどん等設置状況
工場内でのAIスピーカー活用事例
設備へのセンサー取り付け状況
モニタリングサービスのご説明
時間:約2時間
説明員:旭鉄工ものづくり改革室メンバーその他
費用:20,000円/名 社長著書「Small Factory 4.0」付き
申し込み: info@istc.co.jp まで
会社名、所属、お名前、電話番号、メールアドレス、人数、ご希望の日時
をご連絡ください。詳細について担当者よりご連絡いたします。

※会社で2時間枠貸切りご希望のお客様はご相談ください。
 貸切り時の人数は15名以上20名までとさせていただきます。
【参考資料】
中小企業IoT活用の教科書「Small Factory 4.0」Amazonで好評販売中!
https://www.amazon.co.jp/dp/486487865X

工場見学受付開始!!

こんにちは、i Smart Technologies 岡田です。

この度、お客様からの多くのご要望にお応えして、旭鉄工(株)での工場見学の受付を開始致しました。この機会に旭鉄工で行っている取り組みを見てみませんか?

 

【受付開始のお知らせ】

先進的かつ低コストなシステムやAIスピーカー等の世界最先端の取り組みが評価され、おかげさまで年間数百件に上る工場見学のお申し込みを頂いておりますが機密上や対応工数などの制約から契約済のお客様に限ってご案内しておりました。
しかしながら、見学費用は払うから見せて欲しいとの強いご要望を数多く頂くことから契約前のお客様にも有料でご案内することになりました。より良いサービス開発のための費用に充当させて頂きます。

 

【見学内容】

場所:旭鉄工本社工場 およびi Smart Technologiesオフィス
内容:工場内での改善活動事例
   工場内でのタブレット、あんどん等設置状況
   工場内でのAIスピーカー活用事例
   工場内でのIoTボタン活用事例
   設備へのセンサー取り付け状況
   モニタリングサービスのご説明
時間:約2時間
説明員:旭鉄工ものづくり改革室メンバーその他
費用:20,000円/名 社長著書「Small Factory 4.0」付き
   ※会社で2時間枠を貸し切りご要望の場合はご相談ください。 
    貸し切り時の人数は15名以上20名までとさせていただきます。

【お申し込み方法】

開催日時は現在調整中ですが、ご希望の方は info@istc.co.jp まで
会社名、所属、お名前、電話番号、メールアドレス、人数、ご希望の時期(9月以降)
をご連絡ください。詳細について担当者よりご連絡させていただきます。

【Vol.3】新たな挑戦 0から始めるプログラミング シェルコマンド③

こんにちは。i Smart Technologiesの松井です。
毎日、暑い日が続きますね。
暑さで、勉強する気力もなくなってしまいそうです(-_-;)
でも、こんな暑いときだからこそ
涼しい室内にこもって勉強をがんばりましょう!!

f:id:istc-blog:20180720183009p:plainf:id:istc-blog:20180720183514p:plain

今回の記事は「シェルコマンドのコマンド紹介」になります。

1.lsコマンドでディレクトリ(ファイル)一覧を表示

lsコマンドを実行するとwindowsmacのように
ディレクトリの一覧を表示させることができ、
表示オプションも追加することができます。

1-1.lsコマンドの表示オプション-a

-aを追加すると隠しディレクトリを表示することができます。

ls -a .VirtualBox .vscode Documents Downloads

ディレクトリ名の前に.があるとそのディレクトリは隠しファイルになります。

1-2.lsコマンドの表示オプション-l

-lを追加するとディレクトリの詳細を表示することができます。

ls -l -rw------- 1 ubuntu ubuntu 130 Jul 20 11:04 .bash_history

f:id:istc-blog:20180721145227p:plain
これだけだとよく分からないと思うのでもう少し詳しく解説します。

ファイルの種類とアクセス許可情報については下記のサイトを参照
Linux - ファイルのパーミッションと所有者の管理

1-3.表示オプションの組合せ

表示オプションは組み合せて使うことができます。
ls -al と入力すると隠しディレクトリとディレクトリの詳細を同時に見ることができます。
入力の手間が省けるので楽ですね!!
f:id:istc-blog:20180721153929p:plain

表示オプションは他にも色々あります。
気になる人は調べてみて下さいね。

2.シェルコマンドでファイルを作成し操作する

ファイルの作成方法、ファイルの中身を見る方法
コピー、削除、ファイル名の変更について解説します。

2-1.テキストファイルを作成する

echoコマンドを使用し下記の様に入力します。

echo "hello world" > foo.txt

これでファイルを作ることができました。
少し掘り下げると
- echo 指定のテキストを出力するコマンド
- "hello world" ”表示したい文字列を入力”
(日本語も入力可能だが文字化けが発生する可能性があるので注意)
- > foo.txt で出力するファイル名を指定
(今回は.txtファイルで作成したが 、Pythonの.pyやRubyの.rbも作成可能)

2-2.ファイルのコピーとファイルの中身を見る方法

先ほど作成したfoo.txtをbar.txtへコピーします。cpコマンドを使用します。

cp foo.txt bar.txt
cp+コピー元のファイル名+コピー先のファイル名

これでfoo.txtのコピーができました。
実際にコピーできたか確認する時は、
ファイルの中身を見ることができる
catコマンドを使用して下さい。

cat bar.txt
hello world

上記のように表示されればコピー成功です。

2-3.ファイル名を変更する

mvコマンド使って先程コピーしたbar.txtをnew.txtにファイル名を変更します。

mv bar.txt new.txt
mv+変更前のファイル名+変更後のファイル名

これでファイル名の変更ができました。

2-4.ファイルを削除する

rmコマンド使って先程ファイル名を変更したnew.txtを削除します。

rm new.txt

注意点としてrmコマンドで削除を実行すると
簡単には復元できないので気をつけましょう。 (windowsのごみ箱機能はありません)

恐ろしいことにオプションで-rf追加すると全てのフォルダを 一発で消去できます。実際に実行した動画があります。

Running rm -rf / on Linux - YouTube

f:id:istc-blog:20180729202127p:plain
間違って会社のPCでやってしまったと思うと…((((;゚Д゚))))

今回は以上です。

次回も引き続きシェルコマンドの使い方を紹介します。